キララハゼ [ハゼ科]

学名 Acentrogobius sp.
英名
全長 12cm
体重
生息場所
食べ物 川の汽水域や海岸干潟のやわらかい泥地
コメント  
茶色っぽい体にキラキラ光る青緑色の斑紋がちりばめられている。川の汽水域や海岸干潟の軟らかい泥地にすむ。泥の中にU字型の巣穴をつくり、春から初夏にかけて巣穴の壁に卵を産みつける。日本では沖縄島の干潟だけにすむ貴重な魚である。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • タネハゼ
    タネハゼ
  • フタスジノボリハゼ
    フタスジノボリハゼ
  • ジャノメハゼ
    ジャノメハゼ
  • マサゴハゼ
    マサゴハゼ
  • ヒナハゼ
    ヒナハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ
  • ミツボシゴマハゼ
    ミツボシゴマハゼ
  • スナゴハゼ
    スナゴハゼ
  • ミナミヒメハゼ
    ミナミヒメハゼ
  • ナミハゼ
    ナミハゼ
  • チワラスボ
    チワラスボ
  • ウチワハゼ
    ウチワハゼ
  • イズミハゼ
    イズミハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • チチブモドキ

  • ヤエヤマノコギリハゼ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物