タネハゼ [ハゼ科]

学名 Callogobius tanegasimae
英名
全長 10cm
体重
生息場所 汽水域
食べ物
コメント  
体が細長く、大きな胸ビレとお尾びれを持つ。若いうちはうすいベージュ色の体に黒い帯模様が目だつ。川の汽水域に単独ですみ、石の隙間やテッポウエビの巣穴などにひそむ。動きは緩やかで体をくねらせて泳ぐ。春から夏に石の隙間などに卵を産みつける。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • フタスジノボリハゼ
    フタスジノボリハゼ
  • ジャノメハゼ
    ジャノメハゼ
  • マサゴハゼ
    マサゴハゼ
  • ヒナハゼ
    ヒナハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ
  • ミツボシゴマハゼ
    ミツボシゴマハゼ
  • スナゴハゼ
    スナゴハゼ
  • ミナミヒメハゼ
    ミナミヒメハゼ
  • ナミハゼ
    ナミハゼ
  • チワラスボ
    チワラスボ
  • キララハゼ
    キララハゼ
  • ウチワハゼ
    ウチワハゼ
  • イズミハゼ
    イズミハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • チチブモドキ

  • ヤエヤマノコギリハゼ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物