リュウキュウヨシゴイ [サギ科]

学名 Ixobrychus cinnamomeus
英名 Cinnamon Bittern
全長 40cm
体重
生息場所 水田、田芋畑、湿地、河川沿い(特にヨシ原)など
食べ物 カエルや魚
コメント  
首の短いずんぐりとした体形と赤みがかった明るい茶色の体色が特徴的なサギの仲間。オスとメスで体の色が違い、オスは全身が明るい茶色、メスは雄よりも体色が暗く体の上面白斑、首から腹にかけて縦じまがある。オスは鮮やかな色をしているが、周囲の風景となじんで見つけるのが意外と難しい。漫湖ではまれにみられる。

見られる時期

  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種

  • チュウサギ
    チュウサギ

  • ダイサギ
  • コサギ
    コサギ

  • ゴイサギ
  • クロサギ
    クロサギ
  • アオサギ
    アオサギ

  • アマサギ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物