【3/23開催】干潟の自然観察会

3月にはいり、暖かい日には干潟のカニたち、ミナミトビハゼも元気に動いています。。
みんなで一緒に干潟の生き物を観察しませんか?
今回のイベントでは、みんなで干潟に入り、講師の先生と一緒に自然観察をします。
※雨天の場合は室内で講師の先生からお話しを伺います。

■ 講師:土屋誠先生(琉球大学名誉教授)
■ 日時:2019年3月23日(土)13:00-15:00
■ 定員:20名程度
■ 対象:小学3年生以上
■ 参加費:100円(保険料として)
※申し込みは先着順で受け付け、定員になり次第締め切らせていただきます。

■持ち物
〇水筒(飲み物)等の野外で活動するために必要な物
〇筆記用具
※当日は動きやすく、汚れても良い服装でご参加ください。
※長靴をお貸ししますが、自分の長靴を使いたい場合はご持参ください。

■共催:環境那覇自然環境事務所、漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会

【お問い合わせ・お申し込み】 漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121

 

【2/16開催】2019年世界湿地の日記念 特別授業「湿地と気候変動」

ラムサール条約が採択された2月2日は世界湿地の日とされています。

毎年、世界湿地の日にはその年のいちばん重要なテーマが設けられます。

2019年のテーマは「湿地と気候変動」です。

地球の気候はどのように変化しているのでしょうか?

私たちの生活、そして野生動物にはどのような影響をもたらすのでしょうか?

実験をまじえながら、みんなで楽しく学びましょう。

 

当日は、講師の先生のお話しの前に少しだけセンター職員が「渡り鳥」についてお話しをする予定です。

 

■テーマ:湿地と気候変動
■講師:河原恭一先生 (沖縄気象台)
■ 日時:2019年2月16日(土)10:00-12:00 (楽しい実験あり!)
■ 定員:20名程度
■ 対象:小学3年生以上
■ 参加費:無料

【2019年世界湿地の日記念 特別授業「湿地と気候変動」チラシ】

【お問い合わせ・お申し込み】 漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121

漫湖湿地祭り開催!!

漫湖水鳥・湿地センター開館15周年記念
漫湖湿地祭り

★ステージ★
時間:13:00~14:00
場所:2F図書コーナー
〇マジックショー
〇寸劇「クロツラヘラサギ物語」
〇絵本の読み聞かせ
〇冬の野鳥観察会(14:00~14:40)

★展示コーナー★
〇ラムサール条約・世界湿地の日関連
〇沖縄県こども環境会議関連
〇漫湖みんなでミュージアム2018受賞作品展
〇野鳥写真展 … など
これまでのセンターの取り組みやイベントなど、もみんなに紹介するよ!

★環境教育講演会★
講師:土屋 誠 先生(琉球大学名誉教授)
時間:14:00~15:00
場所:2Fレクチャールーム
・身近な自然環境に関心のある地域の方
・自然体験・環境学習に関心を持つ方
・学校教育や学童・児童クラブなどの関係者など
※参加ご希望の方は、事前にお申込みください。
※当日参加の場合も、もちろんOK!

★地域づくりシンポジウム★
コーディネーター
宮城 潤さん(那覇市若狭公民館館長)
時間:15:15~17:00
場所:2Fレクチャールーム
地域資源である漫湖を中心に、住みよい地域づくりについてみんなで考えよう!
みんなの素敵なアイディアお待ちしています!

【お問い合わせ】漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121

新春野鳥観察会

平成30年度沖縄南部自然ふれあい行事
新春野鳥観察会

今年は「平成」が終わり、新しい年号に変わる大きな節目の年!!
その節目の年のはじまりを、漫湖の野鳥観察から始めてみませんか?
珍鳥との出会いに縁起を担いで、新しい年が幸多き一年になりますように!!
さぁ、今年の新春野鳥観察会は、いったいどんな鳥に出会えるかな?

日 時:平成31年1月19日(土)10:00~12:00
場 所:漫湖水鳥・湿地センター
定 員:20名
対 象:小学生~大人(※小学生は保護者同伴)
参加費:¥100(※保険料として)
持ち物:動きやすい服装、防寒具、飲み物、筆記用具、合羽(※双眼鏡、図鑑は貸し出し有)
講 師:比嘉邦昭さん(沖縄野鳥研究会)
共 催:環境省那覇自然環境事務所(沖縄南部自然保護官事務所)、漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会

【お問い合わせ・お申込み】漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121

第一回漫湖市民大学

海とマイクロプラスチック

「海は私たちのゴミ箱ですか?」
年間800万トンものプラスチックごみが海に捨てられているという現実。
豊かな海を守るために、今、私たちにできることとは?

講師:鹿谷麻夕さん(しかたに自然案内)

日時:2018年12月23日8日)10:00~12:00
場所:漫湖水鳥・湿地センター
定員:20名 参加無料
対象:中学生~一般(※小学生以下は要相談)

沖縄県内で取り組まれている海岸漂着ごみに関する対策事業の最新情報と、日本国内や海外での状況、また、マイクロプラスチックに関する基本的知識やその問題点などについても解説するだけでなく、その解決に向け、様々な分野で取り組まれている発生抑制事例などについても紹介します。

ー関連企画展ー
「シーグラスと海ごみから生まれた生きものたち」

作家:島田春奈さん(シーグラスアーティスト/隠れ家カフェ清ちゃん経営者)

期間:2018年12月11日(火)~12月23日(日)※最終日は15:00まで
場所:漫湖水鳥・湿地センター

島田さんご自身が定期的に取り組んでいるカーミージーの海岸清掃で見つけたシーグラスやプラスチックごみ、タバコのフィルターなどを素材にして作り上げたコアホウドリとイラブチャーを展示します。また、これまでの活動や、海ごみの問題についてまとめたパネル展示も行います。

【お問合せ・お申込み】 漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121