ミナミヒメハゼ [ハゼ科]

学名 Favonigobius reichei
英名 Indo-Pacific tropical sand goby
全長 6cm
体重
生息場所 川の汽水域のひらけた明るい砂地
食べ物 動物食
コメント  
薄い茶色の体に、黒や赤の点々の模様を持つ。体はスマートで、オスの第1背ビレは糸状に伸びる。川の汽水域のひらけた明るい砂地に多く、体の模様はその砂底の色にうまくとけ込む。障害物が少ない砂地にたくさん群がり、人が近づくとすばやく逃げる。動物食である。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • タネハゼ
    タネハゼ
  • フタスジノボリハゼ
    フタスジノボリハゼ
  • ジャノメハゼ
    ジャノメハゼ
  • マサゴハゼ
    マサゴハゼ
  • ヒナハゼ
    ヒナハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ
  • ミツボシゴマハゼ
    ミツボシゴマハゼ
  • スナゴハゼ
    スナゴハゼ
  • ナミハゼ
    ナミハゼ
  • チワラスボ
    チワラスボ
  • キララハゼ
    キララハゼ
  • ウチワハゼ
    ウチワハゼ
  • イズミハゼ
    イズミハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • チチブモドキ

  • ヤエヤマノコギリハゼ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物