漫湖いきもの図鑑

漫湖は、いろいろな生き物の棲みかです。

漫湖は河口干潟であり、満潮時には水で満たされ、干潮時には泥干潟が広がります。
泥干潟では、無数のカニ類がハサミを振り、「トントンミー」と呼ばれているトビハゼ類が飛び跳ね、泥の中にはゴカイや貴重な貝類が生息しています。干潮時には、それらの豊富な底生生物を食べるために多くの水鳥が集まり、忙しく干潟を歩き回る姿が見られます。

満潮時には、鳥たちはマングローブの上で羽づくろいをし、水面下では、マングローブの複雑な根の周辺に小魚たちが群れていることでしょう。

豊富な栄養を含む干潟、漫湖には、豊かな生態系があり、多くの生き物がつながりあって暮らしています。

  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物
※名前・学名・英名・生息場所などのキーワードから検索できます。
カテゴリー
見られる時期