マングローブゴマハゼ [ハゼ科]

学名 Pandaka lidwilli
英名
全長 2cm
体重
生息場所 川の汽水域
食べ物
コメント  
とても小さなゴマハゼの仲間。ミツボシゴマハゼと似ているが、第1背びれの黒色の部分が平行四辺形で、体がより細長いことで識別できる。他の河川の調査では、ミツボシゴマハゼは汽水域の広い範囲で確認されたのに対し、マングローブゴマハゼ汽水域中流部のマングローブなどが生えている場所のみで確認されており、生息範囲はより限られていると考えられている。「日本のハゼ」ではゴマハゼ属の一種とされている。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • タネハゼ
    タネハゼ
  • フタスジノボリハゼ
    フタスジノボリハゼ
  • ジャノメハゼ
    ジャノメハゼ
  • マサゴハゼ
    マサゴハゼ
  • ヒナハゼ
    ヒナハゼ
  • ミツボシゴマハゼ
    ミツボシゴマハゼ
  • スナゴハゼ
    スナゴハゼ
  • ミナミヒメハゼ
    ミナミヒメハゼ
  • ナミハゼ
    ナミハゼ
  • チワラスボ
    チワラスボ
  • キララハゼ
    キララハゼ
  • ウチワハゼ
    ウチワハゼ
  • イズミハゼ
    イズミハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • チチブモドキ

  • ヤエヤマノコギリハゼ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物