タイワンウオクサギ [クマツヅラ科]

学名 Premna corymbosa var. obtusifolia
英名
全長
体重
生息場所 海の近くの明るい林
食べ物
コメント  
海岸近くでみられる丸い葉をもつ常緑の小高木。小さい花が集まって咲き、熟すと黒くなる球形の実がつく。「クサギ」と名前についているとおり、枝や葉を折ると独特のにおいがある。

見られる時期

  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種

  • モモタマナ
    モモタマナ
  • シマシラキ
    シマシラキ
  • サキシマハマボウ
    サキシマハマボウ
  • イボタクサギ
    イボタクサギ
  • コウシュンカズラ
    コウシュンカズラ

  • シイノキカズラ

  • ナハキハギ

  • オオハマボウ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物