ツノメチゴガニ [スナガニ科]

学名 Tmethypocoelis ceratophora
英名
全長 0.6cm(甲らの幅)
体重
生息場所 岸辺近くの砂と泥の混じった干潟
食べ物 砂や泥に含まれる有機物
コメント  
とても小さなカニ。眼の先に突起があるので「ツノメ」チゴガニと呼ばれている。集団でハサミを振り上げる「ダンス」をすることがある。普段は体の色がまわりの環境にとけこんで見つけづらいが、「ダンス」をすると白いハサミが目立つので簡単に見つかる。

※有機物とは葉や枝、動物の死体の小さなかけらやかけらが腐ったもの、その他藻類やらん藻類などのことです。

動   画:

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • モクズガニ
    モクズガニ
  • ヒルギハシリイワガニ
    ヒルギハシリイワガニ
  • クロベンケイガニ
    クロベンケイガニ
  • ハマガニ
    ハマガニ
  • ミナミベニツケガニ
    ミナミベニツケガニ
  • カノコセビロガニ
    カノコセビロガニ
  • クマドリオウギガニ
    クマドリオウギガニ
  • ミゾテアシハラガニ
    ミゾテアシハラガニ
  • アシハラガニモドキの仲間
    アシハラガニモドキの仲間

  • ミナミオカガニ

  • フタバカクガニ

  • ヒメヤマトオサガニ

  • ノコギリガザミ類

  • タイワンアシハラガニ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物