コウシュンカズラ [キントラノオ科]

学名 Tristellateia australasiae
英名
全長
体重
生息場所 マングローブ林の縁や背後など
食べ物
コメント  
湿地センターの入口に植えられている、黄色い花がきれいなツル植物。沖縄島では北部に生育するとのことだが、漫湖に野生の個体が生育するという記録はない。茎や葉を切ると独特のにおいがある。一年をとおして花は咲く。たくさん花のついている時期に強風が吹くと、花が全部落っこちてしまうので、掃除が結構大変である。

見られる時期

  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種

  • タイワンウオクサギ
    タイワンウオクサギ
  • モモタマナ
    モモタマナ
  • シマシラキ
    シマシラキ
  • サキシマハマボウ
    サキシマハマボウ
  • イボタクサギ
    イボタクサギ

  • シイノキカズラ

  • ナハキハギ

  • オオハマボウ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物