作品コンクール「漫湖みんなでミュージアム2021」作品募集‼

「漫湖みんなでミュージアム」は、絵画や作文、写真での表現を通して漫湖や湿地の魅力を表現する場として、長年、地域の小中学生に愛されている作品コンクールです。
今年は「湿地の生きものと私たちの暮らし」というテーマで広く作品を募集します‼
また、湿地について考え、理解を深めるきっかけとなるよう、個人や親子、友達同士で応募できる「おうち工作部門」の作品を今年も募集します。

さらに今年は、文芸部門作文の他、手紙や詩、俳句、短歌なども募集します。

湿地は、漫湖のような干潟や川、海、池、田んぼなど、いつも水で潤っている場所をさします。湿地は私たちの暮らしに食料や水を与える場所として、また、生きもののすみかとしてもとても大切な環境です。「湿地の生きものと私たちの暮らし」というテーマには、湿地の生きものの豊かさに目を向けてもらい身近な湿地を大切にして欲しいという思いを込めています。

沖縄県内では様々なフィールドで多くの子供たちが活動しています。作品コンクールへの参加をとおして湿地で活動する人や人と地域が繋がり、ラムサール条約の柱でもある「交流と学習」が促進されることを期待します。

■応募期間:令和3年9月14日(火)~ 令和3年11月14日(日)※当日消印有効

■テーマ:「湿地の生きものと私たちの暮らし」
・漫湖を含め、身近な湿地の自然や生きものを題材にしたもの
・野外で観察した生きものや自然体験、思い出を題材にしたもの
・環境保全の活動で感じたことや思いを題材にしたもの

■応募対象:沖縄県内在住の方
■応募部門別のカテゴリー:

絵画 / 文芸(作文・手紙・詩・俳句・短歌等) / 写真 / おうち工作部門

・未就学児童(3才~保育園・幼稚園を含む、絵画/おうち工作部門)
・小学生低学年(小学生1年生~3年生、絵画/文芸/写真/おうち工作部門)
・小学生高学年(小学生4年生~6年生、絵画/文芸/写真/おうち工作部門)
・中学生(中学1年生~3年生、絵画/文芸/写真/おうち工作部門)
・おうち工作部門(3才~大人、おうち工作部門


※絵画、文芸、写真の各部門は個人応募の他に、学校などの団体応募が可能です。
※おうち工作部門は個人応募の他に、親子応募や学校などの団体応募が可能です。

■応募規定:

(1)絵画部門
 ・4ツ切りサイズの画用紙(380mm×580mm)又はA4サイズの用紙
(※使用する画材は自由、立体作品は不可)
 1人1点まで応募可能です。

(2)おうち文芸部門(作文・手紙・詩・俳句・短歌等
 ・文章や言葉で表現した作品を提出して下さい。
 1人3点まで応募可能です。

1)作文:小学生は原稿用紙3枚以内、中学生は5枚以内(中学生は意見文でも可)
2)手紙・詩・俳句・短歌等:便せん又はハガキに記載して提出してください。
  ※挿絵程度の絵を入れた絵はがきも可とします。

(3)写真部門
・2L判サイズ(127mm×178mm)から4ツ切サイズ(254mm×305mm)の写真
用光沢紙にプリントアウトした作品又は写真データ合計2Mb以内)を提出して下さい。
 ・1人3点まで応募可能です。
 ・メールでの応募も可能です。
【宛先メールアドレス】inquiry★manko-mizudori.net
  ★印を@に変えて応募して下さい。

・過度の画像処理や合成写真は応募出来ません。組み写真は応募可能です。
・印刷作品も入賞後にデジタルデータなど提出していただく場合があり ます。
・メールで応募する場合は上下が分かるように向きを揃えて応募してください。
 ・1人3点まで応募可能です。

(4)おうち工作部門
 「おうち工作部門」は、絵画や写真、文章を自由に組み合わせて応募できる部門で す。今年のテーマに沿っておうち時間で作った作品を応募して下さい。
 ・1人1点まで応募可能です。
 ・個人の他に、親子やご家族、友達同士など共同で制作した作品も応募可能です。
 ・立体の作品も応募可能です。
・大きさは、絵と作文などの組み合わせの場合は4ツ切りサイズの画用紙 (380mm×540mm)です。立体の場合は、タテ+ヨコ+高さの三辺の合計が100cm以内、重さ3キロ以内とします。

(作品例)
折り紙やペーパークラフト、オリジナルのおもちゃやゲーム(すごろく、カードゲーム)など湿地を表現したものなど

【作品例】

■応募方法:
応募用紙又は白紙に必要事項を記入の上、郵送又は持参して提出して下さい。
応募用紙は、絵画部門は作品裏の右下に貼り付けて下さい。文芸部門や写真部門、おうち工作部門は封筒などに同封してください。

応募用紙ダウンロードはコチラ

記載事項
①氏名 ②年齢 ③学年 ④性別
⑤連絡先住所(個人で応募する場合は個人の連絡先住所をご記入下さい。)
⑥電話番号 ⑦応募する部門(絵画、写真、作文、おうち工作部門)
⑧応募の形式(団体応募、親子応募、個人応募)
⑨作品タイトル ⑩作品に込めた思い(100字以内)
⑪学校名と(学校・団体応募の場合は)ご担当の先生の氏名
⑫(おうち工作部門の場合)一緒に作った人(どなたと作ったか)、人数
(例:お母さん、2人)

(写真部門のみメール応募可)inquiry★manko-mizudori.net
 ★印を@に変えて応募して下さい。

■応募の宛先:
(郵送の場合)〒901-0241 沖縄県豊見城市字豊見城982
漫湖水鳥・湿地センター「漫湖みんなでミュージアム2021」宛


■各賞:
【絵画部門・おうち文芸部門・写真部門】
・湿地大好き大賞・・・計10名(賞状と2,000円相当の副賞)
・生きもの大好き大賞・・・計10名(賞状と2,000円相当の副賞)
・ユニーク賞・・・計20名(賞状と500円の図書カード)
・審査員奨励賞・・・計20名(賞状のみ)
・学校賞(団体賞)・・・1団体(賞状と5,000円の図書カード)
※賞は応募状況、審査により多少の変動があります。

【おうち工作部門】
・参加賞を応募者全員に差し上げます !!

■審査:
・各部門それぞれ2名の審査委員と漫鳥・湿地センター職員3名によって構成された審査会において、当コンクールの審査基準に基づき厳正なる審査を行います。
・応募点数によっては、事前にセンター職員(あるいは担当者全員)による一次審査を行います。

■受賞者の発表:
 漫湖水鳥・湿地センターのホームページへ掲載予定です。(※1月予定)

■表彰式:新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今年は表彰式を実施しない予定です。賞状・賞品の授与は、発送をもって代えさせて頂きます。
■巡回展: 2022年1月~2月 豊見城市役所 , 那覇市役所 , 沖縄県庁 ※予定
■受賞作品展:2022年2月上旬  会場:漫湖水鳥・湿地センター2F ※予定
■作品の返却について:
・団体応募での応募作品については展示終了後すべて返却いたします。返却先が分かるように、応募用紙にご住所・連絡先・ご担当者名をご記入ください。
・個人応募での応募作品については漫湖水鳥・湿地センターへご来所頂ける方に限り返却いたします。
・但し、離島や遠方の方は、調整させて頂きますので漫湖水鳥・湿地センターまでご連絡下さい。
・作品の保管期間は2022年8月末までとします。

■注意事項:
・応募作品はご本人による未発表の作品に限ります。他のコンクールに応募中あるいは応募済みの作品は応募できません。
・応募作品の著作権は漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会に帰属し、入賞作品については当協議会の普及啓発活動および広報等に利用させて頂きます。
・写真部門の応募作品の被写体に人物が含まれる場合は、必ずご本人の承諾を得てください。また、被写体の中の人物が未成年の場合は親権者の承諾が必要となります。
・他人の著作権、肖像権を侵害するような行為が行われた場合、それに関わるトラブルについては一切責任を負いません。また、そのような作品の入賞が判明した場合は入賞を取り消します。
・応募に際して、ご住所やご連絡先などの個人情報は入賞者への通知のみに使用いたします。
・入賞者については、受賞や受賞作品の発表に伴い、氏名や学校名、学年を公表いたします。
・作品を普及啓発活動のために公表させていただく場合がございます。

■主催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
(環境省沖縄奄美自然環境事務所、沖縄県環境部、那覇市、豊見城市)

【お問い合わせ先】漫湖水鳥・湿地センター(担当:比嘉)
住所:〒901-0241  沖縄県豊見城市字豊見城982
TEL: 098-840-5121

———————————————————————————
【受賞作品のご紹介】
 昨年の受賞作品はこちらからご覧になることができます。
『漫湖みんなでミュージアム2020 絵画部門』
https://www.manko-mizudori.net/museum2020kaiga/