メヒルギ [ヒルギ科]

学名 Kandelia obovata
英名
全長 最大で高さ5m
体重
生息場所
食べ物
コメント  
漫湖で最もよくみられるマングローブ。根元が薄い板根になっており、幹は赤茶色をしている。葉は長い楕円型で、先端は丸くなっている。20~30㎝ほどの表面のつるつるした種を付ける。花は夏に咲き、白色。別名リュウキュウコウガイ。

見られる時期

  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種


  • ヤエヤマヒルギ

  • オヒルギ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物