アマミイシモチ [テンジクダイ科]

学名 Apogon amboinensis
英名
全長 7cm
体重
生息場所 河川の汽水域
食べ物
コメント  
体が半透明で骨やおなかの様子がうっすらと見える。体の側面に2本の細い縦線が入る。尾びれの付け根に黒斑がある。方言名:シルウフミー 河川の汽水域に広く生息し、マングローブの根元などに群れていることが多い。シボリと同じく、雄が口の中で卵を守る。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • シボリ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物