リュウキュウドロクイ [ニシン科]

学名 Nematalosa come
英名
全長
体重
生息場所 内湾や河川汽水域。小河川でもみられる。
食べ物 主にプランクトン
コメント  
体は銀色で平たい。ドロクイとともに「アシチン」と呼ばれ、刺身等で美味。ドロクイとリュウキュウドロクイの2種はよく似ており、市場等では普通区別されていない。漫湖には両種が生息する。沖縄県において、本種はドロクイより分布域が広く、沖縄島では小河川の汽水域にもより広く出現するほか、八重山諸島などにも分布する。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • ドロクイ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物