スミゾメスズメダイ [スズメダイ科]

学名 Pomacentrus taeniometopon
英名
全長 9 cm
体重
生息場所 川の汽水域、マングローブ、内湾
食べ物 プランクトンなど
コメント  
川の汽水域や漁港などに多く生息するスズメダイの仲間。漫湖では牡蠣がついた岩や流木の近くでよくみられる。幼魚には目を横切る青い線があり大変美しいが、成長に伴い消失し、成魚は全身が黒くなる。産卵期にはオスが卵を守っている姿が観察できる。| 参考文献:中坊編(2013)日本産魚類検索;加藤(2011)ネイチャーウオッチングガイドブック スズメダイ

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • リボンスズメダイ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物