モモタマナ [シクンシ科]

学名 Terminalia catappa
英名 Tropical almond
全長
体重
生息場所 海岸沿い。沖縄島では墓や公園で植栽されることも多い。
食べ物
コメント  
大きくなると25mにもなる樹木。20cmを超える大きなへら状の葉を持ち、この葉は冬の終わりごろになると落葉する。海沿いに生える木で、種は波に乗って漂流し分散する。実際に漫湖の岸辺を歩くと、落ちている実をよく見かける。実の中にある小さい「仁(じん)」とよばれる部分は食べられる。別名:コバテイシ、方言名:クワディーサー

見られる時期

  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種

  • タイワンウオクサギ
    タイワンウオクサギ
  • シマシラキ
    シマシラキ
  • サキシマハマボウ
    サキシマハマボウ
  • イボタクサギ
    イボタクサギ
  • コウシュンカズラ
    コウシュンカズラ

  • シイノキカズラ

  • ナハキハギ

  • オオハマボウ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物