イボタクサギ [クマツヅラ科]

学名 Clerodendrum inerme
英名
全長 高さ3m
体重
生息場所 マングローブ林の後背部
食べ物
コメント  
半つる性の低木で、場所によってはやぶのように人が通れなくなるほど密生する。暖かい時期になると白い花が咲き、花の中心からピンク色~紫色の長いおしべとめしべを出す。たいてい、一つの茎から花や実が3つでる。葉は明るい黄緑色。「クサギ」という名前のとおり、葉や茎をもんでみると独特のにおいがある。

見られる時期

  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種

  • タイワンウオクサギ
    タイワンウオクサギ
  • モモタマナ
    モモタマナ
  • シマシラキ
    シマシラキ
  • サキシマハマボウ
    サキシマハマボウ
  • コウシュンカズラ
    コウシュンカズラ

  • シイノキカズラ

  • ナハキハギ

  • オオハマボウ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物