ニセクロホシフエダイ [フエダイ科]

学名 Lutjanus fulviflamma
英名 Longspot snapper
全長 40 cm
体重
生息場所 川の汽水域、マングローブ、干潟、内湾、サンゴ礁池、岩礁
食べ物 魚、毛類(ゴカイなかま)、甲殻類(エビ・カニのなかま)など
コメント  
全長は40 cmほどに成長するフエダイのなかま。釣り人にはヤマトビーと呼ばれ親しまれている。体側には5本ほどの黄色い縦縞(魚の縞模様は頭を上として考える)を持ち、体の後方には黒星の由来となった黒い斑紋がある。沖縄島近海で採集された最高齢の個体は25歳。 参考文献:Nanami, A., Kurihara, T., Kurita, Y., Aonuma, Y., Suzuki, N., & Yamada, H. (2010). Age, growth and reproduction of the humpback red snapper Lutjanus gibbus off Ishigaki Island, Okinawa. Ichthyological Research, 57(3), 240-244;中坊編(2018)小学館の図鑑Z 日本魚類館

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • ゴマフエダイ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物