オキナワハクセンシオマネキ [スナガニ科]

学名 Uca (Celuca) lactea perplexa
英名
全長 2 cm (甲らの幅)
体重
生息場所 やや砂っぽい干潟
食べ物 砂や泥に含まれる有機物
コメント  
オスのハサミは左右のどちらかが大きく、白色でつるりとしている。ハサミを振る姿が、白い扇をかざしているように見えることからハクセン(白扇)という名前が付いている。漫湖ではやや砂っぽい干潟に巣穴を掘って住んでいる。
※有機物とは葉や枝、動物排泄物や死体の小さなかけらやかけらが腐ったもの、その他藻類やらん藻類、微生物などのことです。

動 画:

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • ルリマダラシオマネキ

  • リュウキュウシオマネキ

  • シモフリシオマネキ

  • ヤエヤマシオマネキ

  • ベニシオマネキ

  • ヒメシオマネキ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物