フタバカクガニ [イワガニ科]

学名 Perisesarma bidens
英名 3cm(甲らの幅)
全長
体重
生息場所 マングローブ林や岸辺の岩場
食べ物 雑食性
コメント  
マングローブ林内や岸辺の岩場で、一番目につくカニ。湿地センターの裏手の木道からもよくみられる。動きが素早く、すぐに巣穴や石の下に逃げ込んでしまう。満潮になると、穴に隠れるのもいるが、木や岩によじ登っているものも見られる。名前は体が四角く、目の下の一で甲に切れ込みがあり、二つの歯のようになっているカニという意味。

動   画:

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる
  • 見られる 10
  • 見られる 11
  • 見られる 12

同じ仲間の種

  • モクズガニ
    モクズガニ
  • ヒルギハシリイワガニ
    ヒルギハシリイワガニ
  • クロベンケイガニ
    クロベンケイガニ
  • ハマガニ
    ハマガニ
  • ミナミベニツケガニ
    ミナミベニツケガニ
  • カノコセビロガニ
    カノコセビロガニ
  • クマドリオウギガニ
    クマドリオウギガニ
  • ミゾテアシハラガニ
    ミゾテアシハラガニ
  • アシハラガニモドキの仲間
    アシハラガニモドキの仲間

  • ミナミオカガニ

  • ヒメヤマトオサガニ

  • ノコギリガザミ類

  • ツノメチゴガニ

  • タイワンアシハラガニ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物