イケカツオ属 [アジ科]

学名 Scomberoides
英名
全長 50cm
体重
生息場所 成魚は沿岸域に生息し、稚魚や幼魚は汽水域でも見られる。
食べ物
コメント  
全身が銀色で体は左右に平たく体高は低い。 沖縄で普通に見られるイケカツオ属にはイケカツオS.lysanとミナミイケカツオS.tolの2種があるが、稚魚の区別は容易でない。イケカツオの稚魚は岸近くに出現するのに対し、ミナミイケカツオの稚魚はやや沖合に留まるといわれる。漫湖で見られるのはイケカツオの可能性が高い。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • オニヒラアジ

  • ロウニンアジ
  • ギンガメアジ
    ギンガメアジ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物