オニヒラアジ [アジ科]

学名 Caranx papuensis
英名
全長 70 cm
体重
生息場所 川の淡水域、汽水域、マングローブ、内湾、サンゴ礁池、岩礁
食べ物 魚、甲殻類(エビ・カニのなかま)など
コメント  
ロウニンアジやギンガメアジの幼魚とともにメッキと総称され、釣り人に親しまれている。ロウニンアジと特によく似るが、本種は体高が低いので区別ができる。また、極めてよく似たイトウオニヒラアジという種類がいるが、この種は鰓蓋の上端に白い斑がないので区別できる。 |参考文献:中坊編(2013)日本産魚類検索

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • ロウニンアジ
  • イケカツオ属
    イケカツオ属
  • ギンガメアジ
    ギンガメアジ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物