ギンガメアジ [アジ科]

学名 Caranx sexfasciatus
英名
全長 70cm
体重
生息場所 海岸や川の汽水域
食べ物
コメント  
アジの仲間で、体は平たい円盤形。全身銀色だが、若いときは黒っぽいシマ模様を持つ。海岸や川の汽水域に住み、淡水域にも入る。かなり大型になり、ルアー釣りの対象とされるが、川でみられる個体は小型のものが多い。群れで小さな魚を追いかけまわし、とらえて食べる。 沖縄の川には、本種とよく似たオニヒラアジやロウニンアジも多く、まとめて「ガーラ」と呼ばれている。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物