スジモヨウフグ [フグ科]

学名 Arothron manilensis
英名
全長 30 cm
体重
生息場所 内湾、河口域のマングローブ周辺
食べ物
コメント  
体は淡い茶色で、こげ茶色の縦線(すじ模様)が多数走る。かつてはカスミフグと混同されていたが、このすじ模様で簡単に区別できる。成魚は内湾の砂泥底などに生息するが、幼魚はマングローブ周辺でもよく見られる。毒があるため食用はできない。 |参考文献:吉野(2008)日本の海水魚, 沖縄近海産フグの毒性調査 沖縄県衛生環境研究所報 第40号 (2006)

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • サザナミフグ
    サザナミフグ
  • オキナワフグ
    オキナワフグ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物