クロウミウマ [ヨウジウオ科]

学名 Hippocampus kuda
英名
全長 17 cm
体重
生息場所 河口域や内湾
食べ物
コメント  
体全体が黒っぽい、比較的大型のタツノオトシゴのなかま。雄は、お腹には育児のう(卵を抱えるための袋)を持ち、卵が孵化し、稚魚がある程度の大きさに成長するまで保育する。河口付近や内湾などの汽水域に生息し、ごく浅い場所で見られる。 |参考文献:吉野(2008)日本の海水魚

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • テングヨウジ
    テングヨウジ

  • カワヨウジ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物