3月の自然観察会

「身近な植物観察&缶バッチづくり」

春3月は、身近な野草を観察するよい機会です。
散歩の途中の道端や公園で見つけた、ちいさくてかわいい花の名前を
あなたは知りたくなったことありませんか?
この時期にしか見られない春の草花を、みんなで一緒に観察しませんか?

[日 時]2018年3月25日(日) 10:00~12:00
[場 所]漫湖水鳥・湿地センター前 芝生広場
[定 員]20名
[対 象]小学生以上 (※低学年以下は保護者同伴)
[参加費]¥100(※保険料として)
[持ち物]筆記用具、帽子、動きやすい服装、飲み物
[内 容]植物の基本的なつくり(花・茎)について解説した後、当センターの広場や木道入口の野草や樹木を観察します。最後に自分の好きな植物の絵を描いたオリジナル缶バッチも作ります。

【お問い合わせ】漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121

漫湖水鳥観察会

【開催日時】
2 月 24 日(土)※小雨決行
(第 1 回)10:00~12:00
(第 2 回)13:00~15:00

【開催場所】
〒901-0241 豊見城市豊見城 982 漫湖水鳥・湿地センター

【募集期間】
事前申し込み不要

【参加費】
無料

【具体的な内容】
観察した水鳥のオリジナル缶バッジをつくろう!
漫湖で水鳥を観察し、水鳥シールを使って観察マップをつくったあとに、印象に残った水鳥
の絵を描いてもらいます。それを缶バッジにして、あなただけのオリジナル缶バッジをつく
っていただきます。

【持ち物】動きやすい服装、防寒具、飲み物、筆記用具、かっぱ(※双眼鏡は貸し出し有)
観察会は同じ内容で 2 回開催します。
(第 1 回)10:00~12:00  受付 9:30~
(第 2 回)13:00~15:00 受付 12:30~

【問い合わせ先】
株式会社 南西環境研究所(環境省業務請負業者)☎ 098-835-8411
(担当: 石田)

※観察会当日の連絡先:漫湖水鳥・湿地センター ☎ 098-840-5121

新春野鳥観察会

平成29年度沖縄南部自然ふれあい行事
新春野鳥観察会

今年の年明けは、「酉」から「戌」へ干支のバトンタッチではじまります!!
鳥たちが主役になれた昨年、漫湖で冬を越す渡り鳥たちもいつも以上に賑やかだったかな?
さぁ、今年はいったいどんな鳥に出会えるかな?
一年のはじまりに、あなたも漫湖で野鳥観察はじめてみませんか?

日 時:平成30年1月14日(日)10:00~12:00 (※小雨決行)
場 所:漫湖水鳥・湿地センター
定 員:20名
対 象:小学生~大人(※小学生は保護者同伴)
参加費:¥100(※保険料として)
持ち物:動きやすい服装、防寒具、飲み物、筆記用具、合羽(※双眼鏡、図鑑は貸し出し有)
講 師:比嘉邦昭さん(沖縄野鳥研究会)
共 催:環境省那覇自然環境事務所(沖縄南部自然保護官事務所)、漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会

【お問い合わせ・お申込み】漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121

身の回りの外来種の写真を募集します!!

この度、環境省那覇自然環境事務所では、『奄美・沖縄 侵略的外来種ガイドブック(仮)』の来年度以降の発行をめざし、ガイドブックで掲載する外来種の写真について、広く皆様から募集することにいたしました。

ガイドブックは、身の回りの外来種について考えたり、名前や特徴などを知りたいと思ったときに活用できるよう作成するもので、pdfや電子書籍での発行のほか、印刷物が完成した際には管内の図書館や学校等に無償配布する予定です。

特設ページにおいて、詳しい応募内容をご確認のうえ、皆様のご協力よろしくお願いいたします!!

みんなでつくる『奄美・沖縄 侵略的外来種ガイドブック(仮)』特設ページ→

なお、応募内容に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

【お問い合わせ先】

【平成29年度環境省業務請負先】(株)南西環境研究所(担当:大橋)
〒903-0105 沖縄県中頭郡西原町字東崎4-4 TEL:098-835-8411,FAX:098-835-8412

12月の野鳥観察会&自然講座

1.野鳥観察会「鳥の学校」
漫湖に渡ってくる鳥は何羽くらい?寒い日は鳥たちはどこにいるんだろう?
漫湖の鳥たちの生活は、知れば知るほどフシギがいっぱい。
聞きたくても聞けなかった鳥のギモン、鳥の学校でお待ちしています。

日 時:2017年12月17日(日)10:00~12:00
場 所:漫湖水鳥・湿地センター
定 員:20名
対 象:小学生以上(※低学年は保護者同伴)
参加費:¥100(※材料費として)
持ち物:防寒具、筆記用具、飲み物(※図鑑、双眼鏡は貸し出し有)
講 師:嵩原建二さん(沖縄野鳥研究会)
センター木道ととよみ大橋周辺を散策しながら、漫湖に渡ってきた冬鳥を中心に観察を行います。また、マングローブや水鳥がエサとする底生生物、沖縄の野鳥の生態などについても解説します。

2.自然講座「月桃で編む星のオーナメント」
沖縄では様々な生活の場面で馴染みのある植物「月桃」。
その月桃を使って、沖縄の伝統玩具「星っころ」を一緒に作ってみませんか?
その他にも、クリスマス飾りにピッタリなちっちゃな星のオーナメントを作ります。

日 時:2017年12月17日(日)14:00-16:00
場 所:漫湖水鳥・湿地センター
定 員:20名
対 象:一般(※小学生から親子で一緒に参加できます。)
参加費:無料
持ち物:手拭き、筆記用具、飲み物(※材料・道具類はこちらで準備いたします。)
講 師:浦添貞子さん(マチルダおもちゃ協会)
内 容:センターの木道入口に生えている月桃の茎をテープ状に乾燥させたものを使用して、クリスマス飾りにピッタリな星のオーナメントを編んでいきます。

[お問い合わせ・お申し込み] 漫湖水鳥・湿地センター ☎098-840-5121