タイワンメナダ [ボラ科]

学名 Moolgarda seheli
英名 Blue spot mullet
全長 50 cm
体重
生息場所 川の汽水域,マングローブ、内湾,サンゴ礁池
食べ物 デトリタスなど
コメント  
2020年の市民調査ではじめて漫湖から記録されたボラの仲間。カマヒレボラにとてもよく似ているが、鱗が少し細かく、幽門垂という内臓の形も違うため識別できる。全長50 cmほどに成長するが、漫湖では全長約4 cmの稚魚が1個体しか確認されていない。通常は内湾やサンゴ礁池にいる。|参考文献:中坊編(2013)日本産魚類検索;沖山編(2014)日本産稚魚図鑑

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • カマヒレボラ

  • コボラ

  • ボラ
  • オニボラ
    オニボラ

  • セスジボラ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物