ボラ [ボラ科]

学名 Mugil cephalus cephalus
英名 Gray mullet
全長 80 cm
体重
生息場所 川の淡水域、汽水域、マングローブ、干潟、内湾、サンゴ礁池、岩礁
食べ物 藻類、デトリタスなど
コメント  
“脂瞼”という目を覆うゼラチン状の構造がよく発達しており、正面からみた顔はエイリアンのよう。全長80 cmほどまで成長するが、漫湖で見られるのは基本的に全長5–40 cmほどの個体。塩分の変化に強く、国場川では淡水域まで遡上している。卵巣はカラスミの原料になる。|参考文献:中坊編(2013)日本産魚類検索

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • タイワンメナダ

  • カマヒレボラ

  • コボラ
  • オニボラ
    オニボラ

  • セスジボラ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物