コボラ [ボラ科]

学名 Planiliza macrolepis
英名 Largescale mullet
全長 35 cm
体重
生息場所 川の汽水域、干潟、マングローブ、サンゴ礁池、内湾、岩礁
食べ物 藻類、デトリタスなど
コメント  
やや寸詰まりな形をしたボラの仲間。その名の通りボラよりやや小さく、成魚は通常全長30cmほど。胸鰭の付け根が金色になるのが特徴。沖縄島では最も普通にみられるボラのなかまで、漫湖の市民調査でも毎年確認されている。釣りの活き餌として売られていることも多い。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • タイワンメナダ

  • カマヒレボラ

  • ボラ
  • オニボラ
    オニボラ

  • セスジボラ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物