ミナミヒメハゼ [ハゼ科]

学名 Favonigobius reichei
英名 Indo-Pacific tropical sand goby
全長 6cm
体重
生息場所 川の汽水域の砂地や砂泥底、泥底
食べ物 動物食
コメント  
体は細長く、体側中央に黒い斑紋が2つずつペアになって並ぶ。大型の雄では、背びれにオレンジ色や黄色、白色の模様が目立ち、第1背びれの2本目の鰭条(きじょう)が糸状に伸びる。漫湖に複数生息するヒメハゼ属の種の中で、最も普通にみられる。特に汀線(波打ち際)周辺の浅い場所に多い。砂地にいると背景にとけ込んでみえない。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • クロヒメハゼ

  • ツムギハゼ
  • ツマグロスジハゼ
    ツマグロスジハゼ

  • キララハゼ

  • フタスジノボリハゼ

  • クロコハゼ

  • インコハゼ

  • ウチワハゼ

  • タネハゼ

  • サツキハゼ

  • カワクモハゼ

  • コンジキハゼ
  • ヒトミハゼ
    ヒトミハゼ
  • ゴクラクハゼ
    ゴクラクハゼ
  • ミナミアシシロハゼ
    ミナミアシシロハゼ

  • スナゴハゼ

  • マサゴハゼ
  • ノボリハゼ
    ノボリハゼ

  • ナミハゼ

  • イズミハゼ

  • ヒナハゼ

  • ミツボシゴマハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ

  • ナンヨウボウズハゼ

  • タネカワハゼ

  • カマヒレマツゲハゼ
  • チワラスボ属の1種
    チワラスボ属の1種

  • ミナミサルハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • トビハゼ
  • ヒゲワラスボ属の1種
    ヒゲワラスボ属の1種

  • アサガラハゼ

  • ジャノメハゼ

  • ノコギリハゼ属の1種

  • チチブモドキ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物