トビハゼ [ハゼ科]

学名 Periophthalmus modestus
英名 mudskipper
全長 12 cm
体重
生息場所 汽水域
食べ物 ヨコエビ類, 多毛類, 小型カニ類など
コメント  
第1背ビレが丸く、左右の腹ビレは膜でつながる。干潮時の干潟では、発達した胸ビレを使って表面をはいずり回る様子や、尾を使って跳ねる様子が見られる。沖縄では、わずかな場所にしか生息していない。ミナミトビハゼとともに「トントンミー」と呼ばれている。 |参考文献:中坊編(2013)日本産魚類検索; 沖縄県環境部自然保護課 編(2017)改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータおきなわ)第3版-動物編-

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • クロヒメハゼ

  • ミナミヒメハゼ

  • ツムギハゼ
  • ツマグロスジハゼ
    ツマグロスジハゼ

  • キララハゼ

  • フタスジノボリハゼ

  • クロコハゼ

  • インコハゼ

  • ウチワハゼ

  • タネハゼ

  • サツキハゼ

  • カワクモハゼ

  • コンジキハゼ
  • ヒトミハゼ
    ヒトミハゼ
  • ゴクラクハゼ
    ゴクラクハゼ
  • ミナミアシシロハゼ
    ミナミアシシロハゼ

  • スナゴハゼ

  • マサゴハゼ
  • ノボリハゼ
    ノボリハゼ

  • ナミハゼ

  • イズミハゼ

  • ヒナハゼ

  • ミツボシゴマハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ

  • ナンヨウボウズハゼ

  • タネカワハゼ

  • カマヒレマツゲハゼ
  • チワラスボ属の1種
    チワラスボ属の1種

  • ミナミサルハゼ

  • ミナミトビハゼ
  • ヒゲワラスボ属の1種
    ヒゲワラスボ属の1種

  • アサガラハゼ

  • ジャノメハゼ

  • ノコギリハゼ属の1種

  • チチブモドキ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物