スナゴハゼ [ハゼ科]

学名 Pseudogobius poicilosoma
英名 Spotted snubnose goby
全長 3cm
体重
生息場所 川の汽水域や干潟の浅い場所
食べ物
コメント  
鼻先が丸く目の下に黒い模様がある。マサゴハゼとよく似ているが、スナゴハゼはマサゴハゼよりも体高が高い、第1背びれに黒い斑紋がある、尾びれ基底に2つの黒斑が横列するなどの違いがある。大きさはマサゴハゼより大きく大型個体は3cmを超える。 沖縄県内では沖縄島、宮古島、伊良部島、石垣島、西表島、小浜島などに広く分布する。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種


  • クロヒメハゼ

  • ミナミヒメハゼ

  • ツムギハゼ
  • ツマグロスジハゼ
    ツマグロスジハゼ

  • キララハゼ

  • フタスジノボリハゼ

  • クロコハゼ

  • インコハゼ

  • ウチワハゼ

  • タネハゼ

  • サツキハゼ

  • カワクモハゼ

  • コンジキハゼ
  • ヒトミハゼ
    ヒトミハゼ
  • ゴクラクハゼ
    ゴクラクハゼ
  • ミナミアシシロハゼ
    ミナミアシシロハゼ

  • マサゴハゼ
  • ノボリハゼ
    ノボリハゼ

  • ナミハゼ

  • イズミハゼ

  • ヒナハゼ

  • ミツボシゴマハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ

  • ナンヨウボウズハゼ

  • タネカワハゼ

  • カマヒレマツゲハゼ
  • チワラスボ属の1種
    チワラスボ属の1種

  • ミナミサルハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • トビハゼ
  • ヒゲワラスボ属の1種
    ヒゲワラスボ属の1種

  • アサガラハゼ

  • ジャノメハゼ

  • ノコギリハゼ属の1種

  • チチブモドキ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物