ミツボシゴマハゼ [ハゼ科]

学名 Pandaka trimaculata
英名
全長 1.7cm
体重
生息場所 川の汽水域
食べ物
コメント  
約1cmで成熟し、産卵する。世界でもっとも小さな魚の一つ。第1背びれには黄色と青白色の模様を持つ。川の汽水域に住み、流れのゆるやかな浅い場所にたくさん群がっている。ハゼには珍しく、底から浮いて中層をゆっくり泳いでいることが多い。

見られる時期

  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない
  • 見られない 10
  • 見られない 11
  • 見られない 12

同じ仲間の種

  • タネハゼ
    タネハゼ
  • フタスジノボリハゼ
    フタスジノボリハゼ
  • ジャノメハゼ
    ジャノメハゼ
  • マサゴハゼ
    マサゴハゼ
  • ヒナハゼ
    ヒナハゼ
  • マングローブゴマハゼ
    マングローブゴマハゼ
  • スナゴハゼ
    スナゴハゼ
  • ミナミヒメハゼ
    ミナミヒメハゼ
  • ナミハゼ
    ナミハゼ
  • チワラスボ
    チワラスボ
  • キララハゼ
    キララハゼ
  • ウチワハゼ
    ウチワハゼ
  • イズミハゼ
    イズミハゼ

  • ミナミトビハゼ

  • チチブモドキ

  • ヤエヤマノコギリハゼ
  • 漫湖の底生生物
  • 漫湖の野鳥
  • 漫湖の魚
  • 漫湖の植物